境内
本堂・本尊
百萬遍大念珠繰り
清岸寺会館
幡ヶ谷聖観音
瘡守稲荷社殿
合祀墓
浄霊殿
酒呑地蔵尊
魚籃観音
鬼哭塚
酒とっくりを持つタヌキ
幼少の法然様像
しあわせ地蔵
水子地蔵
六十六部供養地蔵
六地蔵
舟形光背地蔵尊
猿型半跏像
庚申像
板碑
五輪塔
石碑
開山歴代上人墓
参道
井戸・手桶
寺宝
六地蔵
六地蔵
六地蔵
六道のそれぞれを教化する六体の地蔵尊(地蔵菩薩)。
地蔵は六道能化といって六道のそれぞれに現われて衆生を救うとされた。
六地蔵の名称と形態や持物は、種々なものが伝えられて一定していない。
『覚禅鈔』には、大定智悲・大徳清浄・大光明・清浄無垢・大清浄・大堅固の名をあげ、それぞれ地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天界の六道を守護し教化するという。
その他、六地蔵の名を檀陀・宝珠・宝印・持地・除蓋障・日光とする説や、金剛願・金剛宝・金剛悲・金剛幢・放光王・預天賀とする説もある。
寺や墓地の入り口、辻などに六地蔵の石像が祀られることが多い。
トップページ清岸寺の由来歴代住職の紹介当山紹介住職コーナー年中行事城西・新宿部御歌交通案内お知らせ―ギャラリー・春ギャラリー・夏ギャラリー・秋ギャラリー・冬―お問い合わせリンクサイトマップ